Welcome to my blog

マバタキ

Index page

Index

223: 刹那愛 N0.68

ありさは行く当てもなく温泉施設にいるので

  •  0
  •  -

222: 刹那愛 N0.67

「先輩俺さぁ~ピアス落としちゃってさぁ~

  •  0
  •  -

221: 刹那愛 N0.66

ありさには感情が無いのではなく、人格のせ

  •  0
  •  -

220: 刹那愛 N0.65

義父は身体を引きずりながら自分達の寝室に

  •  0
  •  -

219: 刹那愛 N0.64

遠くでけたたましく聞こえる犬の遠吠えは闇

  •  0
  •  -

218: 刹那愛 N0.63

他人を痛ぶる事に快感を感じるありさは看護

  •  0
  •  -

217: 刹那愛 N0.62

ありさには二つの人格がある。冷酷な性格の

  •  0
  •  -

216: 刹那愛 N0.61

颯斗の父親は意識を取り戻すと大声で叫ぶ。

  •  0
  •  -

215: 刹那愛 N0.60

自宅に帰り着いたありさは喉が渇いていた。

  •  0
  •  -

214: 刹那愛 N0.59

ありさは勤務時間を終了して帰り支度をして

  •  0
  •  -

213: 刹那愛 N0.58

ありさの行動をいぶかしむ一人の人間がいな

  •  0
  •  -

212: 刹那愛 N0.57

颯斗の父親はありさに言う「母さんは病院で

  •  0
  •  -

211: 刹那愛 N0.56

ありさには良い嫁になると言う考えはもとも

  •  0
  •  -

210: 刹那愛 No55 

「馬鹿野郎!」ありさは思うが言葉が出てこ

  •  0
  •  -

209: 刹那愛 N0.54

颯斗とありさの生活はお互いに自分の仕事を

  •  0
  •  -

208: 刹那愛 N0.53

颯斗はありさの事を考えて別居を提案したが

  •  0
  •  -

207: 刹那愛 N0.52

桜の花が綺麗な時期を選び半年前に予約をし

  •  0
  •  -

206: 刹那愛 N0.51

ありさの身体に異変が起きる、ありさは急に

  •  0
  •  -

205: 刹那愛 N0.50

ありさは流産を恐れてまだ三月目にも満たな

  •  0
  •  -

204: 刹那愛 N0.49

じっと自分の身体を見つめるありさは、不思

  •  0
  •  -

203: 刹那愛 N0.48

颯斗の母親は一人で縫物をしている、レスト

  •  0
  •  -

202: 刹那愛 N0.47

ありさは二時間ほど寝た後に喉の渇きを感じ

  •  0
  •  -

201: 刹那愛 N0.46

颯斗はありさに会いたい気持ちで、心はいっ

  •  0
  •  -

200: 刹那愛 N0.45

ありさはイチゴのチューハイを飲み、息苦し

  •  0
  •  -

199: 刹那愛 N0.44

さいたま市の日本一の桜回廊桜トンネルは田

  •  0
  •  -

198: 刹那愛 N0.43

春風が木々を揺らすほど強い、病院の中で忙

  •  0
  •  -

196: 刹那愛 N0.42

ふた月前に京子は道頓堀を一人歩いていると

  •  0
  •  -

195: 刹那愛 N0.41、

「いい加減に覚えてくれない、どうして同じ

  •  0
  •  -

193: 刹那愛 N0.40

ありさは仕事に対する姿勢を変わることなく

  •  0
  •  -

191: 刹那愛 N0.39

ありさの手を引いた男からの電話の着信にリ

  •  0
  •  -

190: 刹那愛 N0.38

「ありさは彼氏できたの・・・」「男はいな

  •  0
  •  -

181: 刹那愛 N0.37

ありさは看護専門学校時代に仲良くなった春

  •  0
  •  -

189: 刹那愛 N0.36

「えっ・・・・・・・」絶句するありさは立

  •  0
  •  -

187: 刹那愛 N0.35

京子は自宅に帰ってお茶を飲みながら思い出

  •  0
  •  -

186: 刹那愛 N0.34

「私はどうして・・・挨拶しなかった・・・

  •  0
  •  -

185: 刹那愛 N0.33

「ゴロゴロガァシャシャーン」物凄い春雷の

  •  0
  •  -

184: 刹那愛 N0.32

三年前のことである、ありさは一人の男性が

  •  0
  •  -

183: 刹那愛 N0.31

日頃から黄勉は憎々しい気持ちで義父を見な

  •  0
  •  -

182: 刹那愛 N0.30

「実は倒れた時は既に即死状態でした」と担

  •  0
  •  -

179: 刹那愛 N0.29

帰宅して真っ先にありさは風呂場に行き、着

  •  0
  •  -

178: 刹那愛 N0.28

ありさはレンタカーを借りて一人ドライブを

  •  0
  •  -

177: 刹那愛 N0.27

彼の会社のパーキングは二階建てであり二階

  •  0
  •  -

176: 刹那愛 N0.26

ありさには3歳年下の気になる調理師の青年

  •  0
  •  -

175: 刹那愛 N0.25

世の中で怖い話は数々あれど、現に怖いのは

  •  0
  •  -

174: 刹那愛 N0.24

飲めなかったお酒を少しづつ飲めるようにな

  •  0
  •  -

173: 刹那愛 N0.23

今までのお話はありさの序章にすぎません。

  •  0
  •  -

172: 刹那愛 N0.22

この世の中にあり得ないことは人々のごく身

  •  0
  •  -

171: 刹那愛 N0.21

麗奈が犯人として処理されたが、どうしてな

  •  0
  •  -

170: 刹那愛 N0.20

ありさが目覚めると見知らぬ女性が顔を覗き

  •  0
  •  -

169: 刹那愛 N0.19

衣川洋介は一抹の疑問がある。しかし、疑問

  •  0
  •  -

168: 刹那愛 N0.18

「はぁーあぁ・・・なんだってー」とは京子

  •  0
  •  -

167: 刹那愛 N0.17

「こんなはずじゃない・・・」「こんなはず

  •  0
  •  -

166: 刹那愛 N0.16

リストカットを辞められず二年間入院してい

  •  0
  •  -

165: 刹那愛 N0.15

ありさの決心が揺らいだ訳では無い。徹にも

  •  0
  •  -

164: 刹那愛 N0.14

徹は妻のラインを見て心ここにあらずである

  •  0
  •  -

163: 刹那愛 No.13

衣川は仕事で取引先から戻る途中でまだ昼食

  •  0
  •  -

162: 刹那愛 N0.12

ありさは自分の腕にカッターナイフで傷をつ

  •  0
  •  -

161: 刹那愛 N0.11

「しゃちょぉーネタでーす」と寿司ネタの切

  •  0
  •  -

160: 刹那愛 N0.10

京子は両親近所の芝居好き父親の芝居仲間を

  •  0
  •  -

158: 刹那愛 N0.9

初代大吉座長は二代目を決めてからは、舞台

  •  0
  •  -

157: 刹那愛 No.8

姫は京子に【劇団春駒二代目美波大吉物語】

  •  0
  •  -

156: 刹那愛 No.7

「ちょっと待ってぇ」衣川が歩く後ろから声

  •  0
  •  -

155: 刹那愛 No.6

ありさがデスクの引き出しを開けると、気味

  •  0
  •  -

154: 刹那愛 No.5

衣川洋介25歳は、横浜に両親と妹、祖父母と

  •  2
  •  -

153: 刹那愛 No.4

「お父ちゃん、やっぱり坂東玉三郎様は素敵

  •  0
  •  -

152: 刹那愛 No.3

井村ありさは裸身のままベッドサイドの鏡に

  •  0
  •  -

151: 刹那愛 No.2

「クゥゥ・・・くっそったれのバカ娘ったっ

  •  0
  •  -

150: 刹那愛 No.1

OLである井村ありさがバージンを失ったのは

  •  0
  •  -

149: 君に捧げる涙134

君はとんでもないことを私に残してくれる。

  •  0
  •  -

148: 君に捧げる涙133

梅の花びらが散るように静かに君が逝った。

  •  0
  •  -

147: 君に捧げる涙132

車を走らせている途中で「嘘をついてるのは

  •  0
  •  -

146: 君に捧げる涙131

【間違いでした】これが病院からの謝罪であ

  •  0
  •  -

145: 君に捧げる涙130

人生の終わりが近づく人間だとすれ違う人々

  •  0
  •  -

144: 君に捧げる涙129

「天空の中にいるような、柔らかい羽根布団

  •  0
  •  -

143: 君に捧げる涙128

ガラス窓に映る自分の姿はやるせないほどに

  •  0
  •  -

142: 君に捧げる涙127

なんか変だわぁ~と気付く私。君が私の顔を

  •  0
  •  -

141: 君に捧げる涙126

深い眠りである事が分かる私は意識の中で彷

  •  0
  •  -

140: 君に捧げる涙125

人の往来をぼんやり眺めながら、廊下の壁ぎ

  •  0
  •  -

139: 君に捧げる涙124

[なんだよぉ~あっ、大丈夫かぁ~」君が夢

  •  0
  •  -

138: 君に捧げる涙123

「へえ~こくなよ」と君が言うフム?何なの

  •  0
  •  -

137: 君に捧げる涙122

君がマックのバーガーを食べたいというから

  •  0
  •  -

136: 君に捧げる涙121

君がくれたものは色々ある、だけどお返しは

  •  0
  •  -

135: 君に捧げる涙120

ガラス窓の汚れが気になって、じっと見てい

  •  0
  •  -

134: 君に捧げる涙・119

君が突然言う「やっと入ったアラちゃん!!

  •  0
  •  -

133: 君に捧げる涙・118

「おはよう、元気にしてたぁ~」一週間ぶり

  •  0
  •  -

132: 君に捧げる涙・117

これからの時代は、確かにインターネットの

  •  0
  •  -

131: 君に捧げる涙・116

「ホームセンター行きたい」突如大声で言う

  •  0
  •  -

130: 君に捧げる涙・115

落ち着かない様子でスニーカーのひもを何度

  •  0
  •  -

129: 君に捧げる涙・114

君が元気なら安心である。今度は私が食中毒

  •  0
  •  -

128: 君に捧げる涙・113

太陽の光がまぶしいくらいに輝きながら上が

  •  0
  •  -

127: 君に捧げる涙・112

人の心とは読めるものではない。今までを振

  •  0
  •  -

126: 君に捧げる涙・111

【この一円が一億円になる。】生活をする判

  •  0
  •  -

125: 君に捧げる涙・110

君に言ってみる貧乏生活するには、お金を使

  •  0
  •  -

124: 君に捧げる涙・109

「はぁ~さぶい凍えそうだゎ」仕事帰りにど

  •  0
  •  -

123: 君に捧げる涙・108

「人の寿命を100歳にして、何歳まで生きる

  •  0
  •  -

122: 君に捧げる涙・107

BABYフェイスの可愛い顔の女子二人楽し気に

  •  0
  •  -

121: 君に捧げる涙・106

君のPCは一体何台あるんだろう。携帯も次か

  •  0
  •  -

120: 君に捧げる涙・105

先日購入したPC購入前に、一通りの画像は確

  •  0
  •  -

119: 君に捧げる涙・104

「今日はパーツが届かないと手をつけられな

  •  0
  •  -

118: 君に捧げる涙・103

茨城空港の話題を君がする。「去年スカイマ

  •  0
  •  -

117: 君に捧げる涙・102

今日は気分が乗らないらしい様子で、しきり

  •  0
  •  -

116: 君に捧げる涙・101

「俺は、喫茶店や人前でブラックでコーヒー

  •  0
  •  -

115: 君に捧げる涙・100

信号が黄色点滅なので停止する。同時にペダ

  •  0
  •  -

114: 君に捧げる涙・99

悲しいかな独り暮らしの妄想癖。いつの間に

  •  0
  •  -

113: 君に捧げる涙・98

天使と悪魔の妄想反省しろと悪いところを数

  •  0
  •  -

111: 君に捧げる涙・97

高層ビルがひしめく都会の片隅で、肩を寄り

  •  0
  •  -

110: 君に捧げる涙・96

じっと見つめられると、恥ずかしいわぁ~ど

  •  0
  •  -

109: 君に捧げる涙・95

口数が少なくなればなるほど、言葉に重みが

  •  0
  •  -

108: 君に捧げる涙・94

長舌三寸(ちょうぜつさんずん)感情を持つ

  •  0
  •  -

107: 君に捧げる涙・93

「元々は不倫なんだよ!!」君は唐突に声を

  •  0
  •  -

106: 君に捧げる涙・92

「何故に俺に同意を求める!」「自分の仕事

  •  0
  •  -

105: 君に捧げる涙・91

「お風呂入りたいから、入れてくれる」旅立

  •  0
  •  -

104: 君に捧げる涙・90

「きゃぁアぁ~!」携帯電話のMail欄、開い

  •  0
  •  -

103: 君に捧げる涙・89

「嫌ンなっちゃう~」また一つ歳が増える。

  •  0
  •  -

102: 君に捧げる涙・88

「あっフリーズ!!」君が突然叫びながら、

  •  0
  •  -

101: 君に捧げる涙・87

「おはようございます!」社員通用口から元

  •  0
  •  -

100: 君に捧げる涙・86

「もう帰る」「もう来ない」最近の私が、事

  •  0
  •  -

99: 君に捧げる涙・85

午前5時05分壁時計で時間を確認。額の冷え

  •  0
  •  -

98: 君に捧げる涙・84

「疑問」が芽生える。君からの提案が変化し

  •  0
  •  -

97: 君に捧げる涙・83

「ハアァアッ~クション!」顔面一杯に、ど

  •  0
  •  -

96: 君に捧げる涙・82

「どうしてるかなぁ~彼女」半年近く会わな

  •  0
  •  -

95: 君に捧げる涙・81

「大丈夫だよ」ラインの電話にすぐ出ない君

  •  0
  •  -

94: 君に捧げる涙・80

「これどうぞ」目の前に差し出されたポケッ

  •  0
  •  -

93: 君に捧げる涙・79

自動扉を開き中に入ると、真正面の座席にい

  •  0
  •  -

92: 君に捧げる涙・78

新年早々仕事に追われ、そんな合間に近所の

  •  0
  •  -

91: 君に捧げる涙・77

「空想家なの?」君に言われた嫌味思い出し

  •  0
  •  -

90: 君に捧げる涙・76

黄金色の朝日を全身に浴びる新年の朝。一年

  •  0
  •  -

89: 君に捧げる涙・75

「ゴウォーゴウォー」ファンヒーターのモー

  •  0
  •  -

88: 君に捧げる涙・74

午前03時38分目が覚めた。「しまった、洗濯

  •  0
  •  -

87: 君に捧げる涙・73

「You go where, and what do you do from

  •  0
  •  -

86: 君に捧げる涙・72

「あぁ~芸能人だったらなぁ~」私が呟く。

  •  0
  •  -

85: 君に捧げる涙・71

「俺って、天才!!」作業をしながら絶叫す

  •  0
  •  -

84: 君に捧げる涙・70

「心から感謝致します、ありがとう」インタ

  •  0
  •  -

83: 君に捧げる涙・69

「あら、これ美味しい!ヤダホントのトウモ

  •  0
  •  -

82: 君に捧げる涙・68

「ピコーン」「ピコーン」携帯のラインが何

  •  0
  •  -

81: 君に捧げる涙・67

「ウイ~ン、ガチャ、ガタ」掃除機かける音

  •  0
  •  -

80: 君に捧げる涙・66

「人にラーメン作らせておいて、他力本願す

  •  0
  •  -

79: 君に捧げる涙・65

[あれ?俺こんなん買ったっけ!マジかよ!

  •  0
  •  -

78: 君に捧げる涙・64

「なんで?食べ終わったラーメンかたずけな

  •  0
  •  -

77: 君に捧げる涙・63

私がわかるかしら?コーヒーと日本茶を小さ

  •  0
  •  -

76: 君に捧げる涙・62

「ガキィ!ギギィ~ガッチィーン」早朝4時1

  •  0
  •  -

75: 君に捧げる涙・61

「パーン!!ドーン!!・・・・・ドドーン

  •  0
  •  -

74: 君に捧げる涙・60

午前3時25分バイク音、新聞が投函される音

  •  0
  •  -

73: 君に捧げる涙・59

「ああ~ぁ~喉乾いた!ああ~ぁ喉乾いた!

  •  0
  •  -

72: 君に捧げる涙・58

「寿司食べない?買ってきたの」と、私。君

  •  0
  •  -

71: 君に捧げる涙・57

「帰るね」と、呟くように言う私。背中を向

  •  0
  •  -

70: 君に捧げる涙・56

君が入院して3週目の午後君の病室に向かう

  •  0
  •  -

69: 君に捧げる涙・55

「退屈だ!帰りたい!!」天井に向かって叫

  •  0
  •  -

68: 君に捧げる涙・54

君は顔を合わせるなり言う「あっ、なぁんだ

  •  0
  •  -

67: 君に捧げる涙・53

隣の部屋にAmaのドデカイ箱がおいてある。

  •  0
  •  -

66: 君に捧げる涙・52

「一日300以上のメールの振り分け多い時に

  •  0
  •  -

65: 君に捧げる涙・51

「落ち着きのない君が邪魔!」イライラする

  •  0
  •  -

64: 君に捧げる涙・50

「ねえねえ、診察を待つ間に詩を作ってみた

  •  0
  •  -

63: 君に捧げる涙・49

「ジャージ全部洗濯しちゃったなぁ」君のぼ

  •  0
  •  -

62: 君に捧げる涙・48

「ぴー・ぴー・ぴー・・・・・」洗濯機の終

  •  0
  •  -

61: 君に捧げる涙・47

君が風呂に入っている。今は昼時だがいつも

  •  0
  •  -

60: 君に捧げる涙・46

「やっぱり!炊き立てご飯に明太子は美味し

  •  0
  •  -

59: 君に捧げる涙・45

ふと気づくと最後にテレビを観たのはいつだ

  •  0
  •  -

58: 君に捧げる涙・44

机に両脚を乗せて、いびきをかいている君あ

  •  0
  •  -

57: 君に捧げる涙・43

「変わらないね」一様に会う人が口々にする

  •  0
  •  -

56: 君に捧げる涙・42

「ぅわぁ~綺麗~!!」観劇して舞踊を観た

  •  0
  •  -

55: 君に捧げる涙・41

「能書き垂れないで早く仕事!!」へっ?(

  •  0
  •  -

54: 君に捧げる涙・40

「かつとじ陶板焼きお願いします」かつ丼が

  •  0
  •  -

53: 君に捧げる涙・39

「他の誰かじゃ、駄目なんだ!」君の言葉と

  •  1
  •  -

52: 君に捧げる涙・38

痛い君がテーブルに肘をぶつけ、顔をしかめ

  •  0
  •  -

51: 君に捧げる涙・37

「えっ、??食いかけなの?」違うわよ、ち

  •  0
  •  -

50: 君に捧げる涙・36

「うわぁ~まずい」・・・片手にビールを持

  •  2
  •  -

49: 君に捧げる涙・35

あのさぁ~このシワなあに?何だかつまんだ

  •  0
  •  -

48: 君に捧げる涙・34

「なんでぇ~??」パソコンが上手く操作で

  •  0
  •  -

47: 君に捧げる涙・33

「なんで!!青になっちゃうの」同じ空間で

  •  0
  •  -

46: 君に捧げる涙・32

「あれ、何だっけ?」やっぱり歳なのかなぁ

  •  0
  •  -

45: 君に捧げる涙・31

タブレットで何を見てるんだろう。大丈夫だ

  •  0
  •  -

44: 君に捧げる涙・30

「あぁ~気持ちいいぃ~」五日ぶりのお風呂

  •  0
  •  -

43: 君に捧げる涙・29

わぁ~又トイレ行きたい!行けば。だって、

  •  0
  •  -

42: 君に捧げる涙・28

けたたましくサイレン音が聞こえてた。パソ

  •  0
  •  -

41: 君に捧げる涙・27

「お茶でいい」この間コーヒーが飲みたいと

  •  0
  •  -

40: 君に捧げる涙・26

トイレ行きたい!行けば!!やだ・・寒いよ

  •  2
  •  -

39: 君に捧げる涙・25

インターネットでホットカーペットを買うつ

  •  0
  •  -

38: 君に捧げる涙・24

それにしても・・・カタ・・・ガタ・・・っ

  •  0
  •  -

37: 君に捧げる涙・23

君がコーヒーを差し出しながら昨日夢を見た

  •  0
  •  -

35: 君に捧げる涙・22

君から連絡がないまま一週間が過ぎていた。

  •  0
  •  -

34: 君に捧げる涙・21

あれ、なんだっけ・・・?さっきセブンで買

  •  0
  •  -

33: 君に捧げる涙・20

ふと、アフリカのケニアにいる彼女を思い出

  •  0
  •  -

32: 君に捧げる涙・19

君が猫のえさ入れにつまずく(うわーひでぇ

  •  0
  •  -

31: 君に捧げる涙・18

やってしまった!!!パソコンのキーボード

  •  0
  •  -

30: 君に捧げる涙・17

家から車で10分程走ると温泉があり、この

  •  0
  •  -

29: ローマの休日

ヨーロッパきっての古い歴史と伝統を持つ某

  •  0
  •  -

28: 君に捧げる涙・16

君が呟くような声で言う。「あのさぁ・・・

  •  0
  •  -

27: 君に捧げる涙・15

Webプログラマーの君って、デスクの上がい

  •  0
  •  -

26: 君に捧げる涙・14

俺がいなくなったらたぶん・・・ちょっとこ

  •  0
  •  -

25: 君に捧げる涙・13

ピーピーピー何故か寒い夢うつつながら脳裏

  •  0
  •  -

24: 君に捧げる涙・12

コーヒー飲む?うん。でもさーダメだよ半年

  •  0
  •  -

23: 君に捧げる涙・11

パソコンでわからない事教えて。{マジかー

  •  0
  •  -

22: 君に捧げる涙・10

お腹がすいて目覚める身体がだるい動くの嫌

  •  0
  •  -

21: 君に捧げる涙・9

「おはようございます」「おはよう」短パン

  •  0
  •  -

19: 君に捧げる涙・8

病院へ行くなら運転手になるから、何時でも

  •  0
  •  -

18: 君に捧げる涙・7

君をとうして分かった事がたくさんあるよ。

  •  0
  •  -

17: 君に捧げる涙・6

昨夜、救急車を呼ばなかったけど・・・今度

  •  0
  •  -

16: 君に捧げる涙・5

あのね、・・・・。君に言いかけて・・・言

  •  0
  •  -

15: 君に捧げる涙・4

どうしようただ漠然と壁時計を眺めながら、

  •  0
  •  -

14: 君に捧げる涙・3

だけど、全てにおいて投げやりすぎたわ!私

  •  0
  •  -

13: 君に捧げる涙・2

バカなの!私に向けられた君の第一声が携帯

  •  0
  •  -

12: 君に捧げる涙・1

携帯電話で話してる腕がしびれてきたから、

  •  0
  •  -

10: ミザリー

問題が起こるには全て理由がある!けれど・

  •  0
  •  -

9: 男はつらいよ

東京葛飾柴又を舞台とし、渥美清主演・妹役

  •  0
  •  -

8: 手紙

山田孝之が10年前に主演、玉山鉄二と沢尻

  •  0
  •  -

7: ひまわり

古い古いふるーい映画だよ!今時こんな感じ

  •  0
  •  -

6: 闇金ウシジマくん(ムービー版)

極悪非道とも思えるウシジマくんではあるが

  •  0
  •  -

5: 死霊のはらわた(オリジナル版)

1981年版主役はブルース・キャンベルが演じ

  •  0
  •  -

4: 砂の器

1960年の砂の器作品が好き。映画に出てくる

  •  0
  •  -

3: 後妻業の女

ワハハ!ううーん、わたしゃー無理だわ・・

  •  0
  •  -

2: シンプルプラン

シンプルプランという映画を何回見たことだ

  •  0
  •  -